男性も楽しく♪夫婦で素敵な「マタニティフォト」撮影!!

日本にも定着してきた「マタニティフォト」

最近では、妊娠している間を記念に残したいと、マタニティフォトを撮る妊婦さんが多くなっています。マタニティフォトは、妊娠時期にしか撮影する事が出来ない、とても貴重な瞬間を写真として残す事が出来、お父さんやお母さんだけに限らず、これから誕生してくる赤ちゃんにとってもスペシャルな記念となります。マタニティフォトを撮る時も、妊婦のお母さん一人だけで無く、旦那様も一緒にマタニティフォトに参加する機会も年々増えてきています。マタニティフォトは新しい家族の誕生を心待ちにしているお父さん・お母さん2人の姿を写真に残しておく事が可能です。なので今回は、夫婦でマタニティフォトを撮る際の、おススメの撮影時期、お父さんの撮影衣装、夫婦のマタニティポージングについてご紹介したいと思います。

マタニティフォト撮影のおススメ時期

マタニティフォトを撮影する際に、いつ撮影に挑んだら良いかは重要です。お腹がポッコリと丸みを帯びてきた頃に撮影を行うのがベストです。なので、大体妊娠の安定期に入ってお腹が目立ってきた頃から臨月の前迄に撮るのが良いと言われています。ですが、気を付けて欲しいのは、安定期に入って間もない時期はまだしっかりとお腹が膨らみきっていない事がほとんどなので、マタニティフォトを撮影しても、これがマタニティフォトなのか分かりづらい人が多いので注意して下さいね。

また、臨月が近い頃になってくると妊婦さんもいつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない状況になっているので、体調が崩れる可能性もあり、実際に臨月にマタニティフォトの撮影予定をしていたはずが、陣痛が始まり写真を撮る事が出来ずに終わってしまったと言う方もいるようです。そうした事から・・・

マタニティフォトは妊娠7カ月~9カ月の間で行うのが、妊婦さんに負担がかからず無理せずに外出が可能であるので、撮影時期としては最適になります。また、人それぞれ個人差はありますが、第二子の妊娠、双子の妊娠は、一般的な妊娠より妊婦さんのお腹が膨らむペースが早い為、そのような場合は、体の状態を見ながら早めに撮影を行う人もいます。しかし、マタニティフォト撮影に適した時期と言うのは、妊婦さんに個人差があるので、健康状態や体の負担を考えた上でいつ撮影するかを決断すると良いでしょう。

男性のマタニティフォトの衣装について

フォトスタジオの多くは、妊婦さんの為にマタニティ用の衣装を貸出しているのですが、男性用は貸出が無く、旦那様は自前で衣装を用意してスタジオに持参するケースがほとんどです。なので、男性の方は、妊婦さんが選んだ衣装の雰囲気とマッチする衣装を準備するようにしておきましょう。

男性の衣装選びのアドバイス

・妊婦さんがカジュアルな衣装⇨「男性もカジュアルテイストのTシャツとジーンズ等にする」
・夫婦でお揃いの衣装にする⇨「白シャツ×ジーンズの組み合わせで爽やかに」
・妊婦さんがふんわり系マタニティードレス⇨「男性は白シャツ×チノパンで綺麗目カジュアルに」

※気を付けた方が良い点について
旦那様が濃い色のスーツ、ボトムスを着用すると、主役の妊婦さんでは無く旦那様が際立ってしまうので控える様にする事がおススメです。マタニティは妊婦さんが一番の主役であり。旦那様の役目は、妊婦さんを上手く引き立てる事なので、過度に目立ち過ぎない衣装を着用するようにして下さい。

男性の衣装選びのポイント

【露出度を揃える】

大体の妊婦さんは、妊娠している丸いお腹を出して撮影する事が多い為、一緒に撮影に挑むご家族の方もある程度薄着にして、妊婦さんと露出度を揃えると写真にまとまりが出ます。旦那様のトップスが長袖だった場合には、腕まくりを少しするだけでも全体の印象が変わってOKです。

【質感を揃える】

モノクロ写真で撮影を行った場合、色味では無く、衣装の質感を揃える事がおススメです。

例えば・・・
・コットン生地の柔らかい質感
・薄手ニットのふんわりとした質感
・シャツのパリっとした質感
このように、自分達の衣装に対する希望のイメージを膨らませましょう。

【色合いを揃える】

・淡い色で揃える⇨明るく爽やかな印象になる
・背景が黒で、服装も濃い色で揃える⇨アートな雰囲気かつキリっとした印象になる

【家族で服装を揃える】

上のお子さんがいて家族皆で撮影する場合も、妊婦さんに合わせて服装を統一すると良いでしょう。お揃いの衣装を親子3人で着用するのも家族円満さを表現出来ます。衣装はシンプルな装いに揃えて、身に付けている小物やアイテムを目立たせたりする事もおススメです。他にも、上のお子さんが気に入って着ている服装を皆でする事も面白くておススメです

夫婦編!マタニティフォトのおススメ「ポーズ」

フォトスタジオでマタニティフォトを撮る際に、「夫婦でどんなポーズをしたら良いんだろう…?」そんな風に思っているご夫婦も多いのではないでしょうか。勿論、フォトスタジオのスタッフもプロであるので、撮影時に、ポージングのアドバイスはしてくれますが、あらかじめ自分達である程度ポーズを決めておく方が一段とマタニティフォト撮影が楽しくなります。今回はセンス良く素敵に決まるポーズを幾つかご紹介したいと思います。

【旦那さんが後ろからハグする】

このポーズは、マタニティフォトの夫婦で撮影する際の人気のポーズです。旦那さんが奥さんの背後から包み込むようにハグします。ただハグポーズするだけでなく、夫婦で会話をしている雰囲気で撮影してもらうと、写真がさらにナチュラルになり仲睦まじい写真に仕上がります。また、後ろから自然光が入る場所だとより素敵な雰囲気を演出出来ます。真っ正面・真横ともおススメなので2パターン撮ってもうと良いでしょう。

【旦那さんが妊婦さんのお腹にくっつく】

奥さんの丸くなったお腹に旦那様の顔を近付けて撮ります。仕上がりは、奥さんのお腹と旦那様の顔が映った写真になります。旦那さんが赤ちゃんの胎動を感じようとしている姿が微笑ましい写真です。奥さんのお腹に旦那様がキスをするポーズも人気があります。

【お腹に手を添えて夫婦で寄り添う】

奥様と旦那様が隣同士になる様に座り、夫婦でお腹の赤ちゃんに話しかけている感じにすると素敵です。また、奥様の手の上に旦那様の手を重ねるのも良いですよ。

【夫婦で頭をくっつける】

正面から向き合って旦那様と奥様のおでこくっつけるポーズです。夫婦の仲睦まじい雰囲気が出て温かみを感じる写真に仕上がります。お互いの目を合わせる、目を閉じて見つめ合う、色々試してみて下さい。

【糸電話を使ってな中に話しかける】

赤ちゃんが生まれてくる迄の夫婦の幸せな日常のやり取りを、写真に残せたら素敵ですよね。糸電話を用いて夫婦の幸せな姿を映したマタニティフォトも人気があります。

まとめ

マタニティフォトと言うのは、妊娠中と言う限定された時間にのみ撮影する事が可能な写真です。今から生まれてくる自分達の子供の事を思いながら、夫婦で撮影に臨んでみるのも楽しそうですよね。出産後は、育児に追われて忙しい日々になると思いますが、自分達が撮ったマタニティフォトを見れば、お腹の中にいた時の当時の思い出が鮮明に思い出されて、励みになったりします。マタニティフォトは赤ちゃんと初めて撮る家族写真です。是非、記念に残る一枚をとってみてはいかがでしょうか。